Electronic Materials

HOME製品情報 > エレクトロニクス材料

エレクトロニクス材料

「電子」の世界をつなぐ「線」の技術
線を開発する過程で蓄積してきた技術をエレクトロニクス材料の分野に応用。
国内トップシェアを誇るはんだメッキ線や、太陽光パネル向けに開発された平角銅線など、
つなぐ「線」としての、多彩なニーズに応えた製品を生み出しています。
線を開発する過程で蓄積してきた技術をエレクトロニクス材料の分野に応用。 国内トップシェアを誇るはんだメッキ線や、太陽光パネル向けに開発された平角銅線など、 つなぐ「線」としての、多彩なニーズに応えた製品を生み出しています。
錫メッキジャンパー線
溶融はんだメッキ方式
独自に開発した溶融はんだメッキ方式により、高品質・低価格を実現、電子部品用はんだメッキ線として高い評価と信頼を得て、広く海外まで輸出されています。また、昨今の地球環境問題に対応、鉛フリー化を実現しました。
ソーラ用平角銅線
ソーラ用平角銅線
理研電線の溶融はんだメッキ方式の技術を応用して作られたソーラ発電用のはんだメッキ線です。セルとセルをつなぐ配線の材料としてして使われ、発生した電力を集める導体の役割を果たします。
電子部品用リード線
電子部品用リード線
独自開発の溶融はんだメッキ方式により、高品質・低価格を実現。電子部品用はんだメッキ線として高い評価と信頼を得て、国内はもとより、海外でも広く使われています。環境に優しい鉛フリー化も実現しています。
溶融はんだメッキ方式
溶融はんだメッキ方式

電気メッキと同等のクオリティ、はんだぬれ性に優れるなどから、最も優れた電子部品用はんだメッキとして知られています。この技術は、当社の錫メッキジャンパー線、ソーラ用平角銅線、電子部品用リード線にも使われています。

お問合せ、ご相談はこちら
理研電線株式会社 営業部
〒104-0045 東京都中央区築地1-12-22 コンワビル 5F
03-3542-3712
03-3542-4709
メールでのお問合せはこちら

ページの先頭へ戻る