Flat Copper for Solar Cell

HOME製品情報エレクトロニクス材料 > ソーラ用平角銅線

ソーラ用平角銅線

この製品には当社独自の「溶融はんだメッキ方式」が使われています。
概要
理研電線の溶融はんだメッキ方式を応用した、ソーラモジュール用のはんだメッキ平角銅線です。太陽電池のセル間を繋ぐ導体として使用されています。
厚メッキと高柔軟性を兼ね備えた優れた特性を有しています。
複合ケーブル
特徴
  • 電子部品用リード線で培った溶融はんだメッキ方式により、長さ方向に対してメッキ厚のばらつきが小さい線を実現しました。
  • 高温還元雰囲気下で焼鈍すると同時に溶融はんだメッキを施すことにより、高柔軟性を備えた線を実現しました。
  • はんだメッキの表面が平滑で安定しているため、常態におけるはんだぬれ性、加熱処理後のはんだぬれ性ともに優れています。
  • 厚メッキにより優れた耐熱・耐湿性を有しています。
用途
太陽電池用インターコネクタ材、バスバー材など
仕様
標準仕様

公称サイズ

組成(公称値)

Sn(Bal)-Ag(3.0%)-Cu(0.5%)

Sn(Bal)-Pb(40%)

導体

材料

タフピッチ銅 (JIS C1100)

無酸素銅 (JIS C1020)

サイズ

インターコネクタ〔結晶系〕

厚:0.1~0.28mm
幅:1.0~2.0mm

バスバー〔薄膜系〕

厚:0.1~0.30mm
幅:3.5~6.0mm

メッキ厚

20~40μm

お問合せ、ご相談はこちら
理研電線株式会社 営業部
〒104-0045 東京都中央区築地1-12-22 コンワビル 5F
03-3542-3712
03-3542-4709
メールでのお問合せはこちら

ページの先頭へ戻る